ビルマネの賢人

Wisdom of
Building management

第4回:不燃材 パウダー塗装

見落としがちな「不燃材認定」

第4回は最近ご指定いただくことが増えてきた「不燃材 パウダー塗装」の紹介をしていきたいと思います。

岩綿吸音板用の塗装としては広く定着してきた「パウダー塗装」ですが、そもそもパウダー塗装に不燃材の認定は必要なのでしょうか。

パウダー塗装の特徴のおさらい

  • 吸音効果を低下させない
  • 岩綿吸音板の目を潰さない(トラバーチン模様を塗膜で埋めない)

⇒ 品質は落とさず、均一に仕上がられる

パウダー塗料に不燃材の認定って必要?

建築基準法には「内装制限を受ける箇所には所要の防火性能を持つ材料を使用しなければならない」とあります。
そのため、パウダー塗装が施された岩綿吸音板も、防火性能を維持しなければなりません。

各関係機関へのインタビュー

客観的な意見を伺うために、国土交通省、消防署、新宿区役所それぞれに、パウダー塗装の不燃材認定の必要性についてインタビューを行いました。

国土交通省
担当部署 O氏

定められいる通り居室等は
難燃以上、通路・
階段等は
準不燃以上の塗料を
使ってください。
それ以下は認められません。

内装仕上げの防耐火
性能は仕上げ表に記載して
大臣認定書を添付して
頂きます。

新宿区
消防関連機関
S氏

新宿区
担当部署
A氏

内装塗料の防火性能の確認は、
仕上げ表にある
大臣認定番号で
確認致します。

不燃材ラベルの表示活動

不燃材認定シール

先日オフィスビルの改修工事において、都内某消防署の消防検査で「天井に不燃ラベルを貼ってください」とご指示があったことを受け、弊社では不燃材ラベルの表示活動を進めております。

安心・安全の印にご活用ください。

シーリングマジックのお問合せ
シーリングマジック資料請求や御見積のご相談等お気軽にご相談ください。