ビルマネの賢人

Wisdom of
Building management

第9回:改修計画のためのサンプリング作成

段取り八分 仕事二分!

第9回は「事前のサンプリング作成」に関して紹介していきたいと思います。
外壁改修工事計画において、

  • 「一度綺麗にしたら、どれくらい美観が保たれるのか気になる」
  • 「施工〇年後の状態が気になる」
  • 「建物の美観は綺麗にしたいが、色々検討する計画期間がない」
  • 「・・・」

このような経験をされたことはありませんか?
外壁改修工事においては、せっかく大規模な仮設を設置するのであれば、このタイミングで建物の美観も良くしたいと考えられるビルオーナー様や管理会社様は多いのではないでしょうか。

納得のいく工法選定をするためには

①工法リサーチ
②業者探し
③サンプリング作成
④効果検証

というステップをふむことが理想ですが、現実的にはそれらの準備が不十分なまま工事計画が進んでしまう、ということも少なくありません。

そのため検証不十分な状態で工法を選択せざるを得ず、「お金をかけても効果が小さい」結果になるケースが多くございます。

  1. 施工前
  2. 施工後

数年後から取り掛かる予定の
改修工事計画に備えた
事前サンプリング作成

タイル
  1. 施工前
    施工前
  2. 施工後
    施工後
ステンレス
  1. 施工前
    施工前
  2. 施工後
    施工後
アルミ
  1. 施工前
    施工前
  2. 施工後
    施工後(3パターン作成)

事前にサンプリングを作成しておくことで計画立案時に納得のいく工法選定を行うことができます。

無償サンプリング施工
石材・アルミ・ステンレス・タイルなど
様々な外装材において
美観回復・バリューアップを目的と
したサンプリング作成を行っております。
ご希望の際は、お気軽にご連絡ください。